風を訪ねて

「自分でもどこへ行くのか分からない。それでも何かを目指して進みたい。」なんて思ってる私の日々の記録。4月から世界一周!!

〜ダラットでだら〜っと〜

この題名を使いたいがために今日はこの記事を書きました笑

 

ダラットというのはベトナムの南部の中部にあります(下の地図の赤い印)

f:id:FuRisk46:20170616153818p:image

 私のGooglemapのスクリーンショットで分かりづらかったらごめんなさい

 

ちなみに今私がいるのはハノイ(青い点)です

 

きっかけは20年以上ベトナムにするでいらっしゃる方が現在はダラットに住んでおられて、ゲストハウスにも泊めていただけるということで向かうことにしました!

 

この街は標高が高いため涼しく、ベトナムがフランス統治下のときに、フランス人が避暑地として開拓したそうです!

 

一つの集落をどけて、川をせき止めて湖を作ったそうで、お洒落な建物がたくさんあってフランス人のセンスに屈服させられます

 

f:id:FuRisk46:20170616153902j:image

 

 

計6/7~6/9まで計3日ほど滞在したのですが、バイクで様々なところへ連れて行ってもらったり、ピザ窯でお菓子を作ったり、旅の疲れを癒すことが出来ました!

 

f:id:FuRisk46:20170616154248j:image

f:id:FuRisk46:20170616154253j:image

これはコーヒー農園、ベトナムはコーヒーも有名です!

 

f:id:FuRisk46:20170616154340j:image

f:id:FuRisk46:20170616154345j:image

ピザ窯で焼いたお菓子たち

もしかすると、私が教えたレシピで商品化されるかも知れないです

 

f:id:FuRisk46:20170616154522j:image

f:id:FuRisk46:20170616154529j:image

クレイジーハウス

現在も増設中でホテルとして泊まることも出来るんです!

 

f:id:FuRisk46:20170616155119j:image

たまたま建設中の道路を進むことが出来て、ダラットを360°見渡せる山頂まで登ることが出来たときの写真です

湖の形がよくわかります!

 

あとは一年中紫陽花が咲いていたり、季節によってはコスモスや向日葵も!

 

 

ほんとにいい場所なので皆さんもベトナムに来る際はぜひ!ダラットへ!

〜最近の私。ベトナムにて〜

これまたお久しぶりになってしまいました、、

 


ごめんなさい

 

私は生きてます笑

 

前回の記事ではトゥールスレン・ジェノサイド博物館で気を失った話をしました

 〜トゥールスレン博物館で気を失いました〜 - 風を訪ねて

 

それから、何とかベトナムに向かうもトラブルか続きやる気スイッチOFFになっておりました

 

ブログも何個か下書きを書き始めたりはしていたんですが、途中で自分の考えがまとまらなくなって挫折を繰り返し

 

ダラダラと特に何も考えることなく旅を続ける自分に嫌気がさします

 

てことで、開き直って好きなことを好きなように書きます!

 

読者のことなんてお構い無し!


読みにくかったり、私の情報が間違っていたり、思想が偏っていたりしても私は知らない!

 

 

とりあえず今はイライラしてます

 

気を失ってからイライラすることが増えました

 

というのもトラブルがたくさん!主な二つは、、

 

  1. ホーチミンへ向かうバスに乗る際、宿でバスの予約をしたのですが、宿までピックアップに来ると聞いていたのに当日何時になっても迎えが来ない!結局自分でバス停まで行かなきゃ行けなくなって、会社のミスなのにバス停までの交通費も私が支払いました
  2. ホーチミンに着いて、宿に向かうときにタクシーのおっちゃんにお金をスられました。約5000円、、説明しやすいからと安易にお金を渡した自分が悪いんですが、「スったやろ!」と私が言うと「スってへんわ!お嬢ちゃん頭大丈夫か!?」と言いつつどさくさに紛れて胸を揉まれました

 

この出来事のせいでベトナムの印象が最悪です、

悪いところばかり目に付くようになってしまいました

 

やたら声でかいし、客寄せむっちゃしつこいし、英語の発音聞き取りにくいし、めっちゃぼったくるし(ぼったくりはタイもカンボジアも同じかな笑)

 

もう!なんなの!ベトナム人!!!!

 

って一概にベトナム人ひっくるめてイライラしている訳です

 

でもね、友達もたくさん出来たんです

 

スリをしたり、ぼったくる人達を除けば、みんなむっちゃフレンドリーで親切通り越してお節介なんですよね笑

 

親切なところがちょっとズレてる笑

 

何だかんだ言って憎めないです

 

まあ、ベトナムいるうちはずっとイライラしそうな予感がしますが、これもいい経験ってことにしておきます


他にベトナムで何をしたとか、前からずっと書く書く詐欺をしているカンボジア、タサエンでの出来事とか、気が向いたら書きます

 

 

気が向くようにあまり気負いし過ぎないようにします

 

 

最近ものすごく日本が恋しいから、積極的にコメントしてやってください。笑

 

今日も読んで下さりありがとうございました!

〜トゥールスレン博物館で気を失いました〜

今日はタサエン村でのことを書くつもりだったんですが、気持ちがわーってなってるので今日起きたことを書きます

 

 

とりあえず、人生で初めて気を失いました

 

 

トゥールスレン・ジェノサイド博物館という、1976年4月から2年9ヵ月のうちに多くて20万人の人が収容され、拷問を受けた場所に行ったんです

 

現在はその記録を残すため、博物館となり収容者のベッドや足かせなども残されたままです

 

私も日本語の音声ガイドに従って館内を回っていました

 

 

その記録は壮絶で残忍で、いや、実はあんまりちゃんと覚えて無いんですけど、受け入れ難いものでした

 

その時のことを想像したり、音声ガイドに集中したりしてたところに、突然グラッとしてやばいと思って館外へ出てベンチに座った後から記憶がありません

 

 

気づいたらベンチに横になっていて、何か夢を見ていた気がするんですけど、ハッと起き上がって、自分でも状況がつかめなくてでもしんどいしで再び横になりました

 

女の人の声が聞こえて周りにたくさん人が集まってきていて、なんか皆英語で言ってるけど聞こえづらいし、ああそうだ、自分気を失ったんだって気づいて

 

 

とにかく悲しくて悲しくて涙が止まらなくて

 

 

何が悲しいって多分さっき見聞きしたことを受け入れたくないっていう悲しさだと思うんだけど、見聞きしたことの記憶もハッキリしてないし

 

 

ずっと泣きながら男の人に支えられながら場所を移動して、気分が良くなるまで寝させてもらいました

 

 

自分でも何が起きたのかほんと分からなくて、熱中症にならないように水分補給もしていたし、死体の写真とかもあったけど、その時は気分も悪くならなかったし、ほんとに音声ガイドの途中で特に衝撃的な所でもないはずの所で突然グラッとして

 

 

それに館内の3分の1も回れてないのに、全部見れないのが悔しくて

 

 

続きを回ろうにもまだ少しクラクラするし、怖いし。

 

 

世界を現実のものにする為にここに来たのに、自分は現実を見ることすら出来ないのかって、情けなくて悔しくて

 

 

自信なくなりました

 

 

もともと自信持ってる方ではないけど

 

 

もう日本に帰りたい、でもまだまだ帰りたくないし、

旅続けたいけど、ダラダラしちゃいそうな気がしてどうすればいいのかわかんない

 

 

どうすればいいの?

 

とにかく涙が止まりません

 

 

情けない。

 

 

 

 

〜久しぶりです、ここ1週間ほどのまとめ〜

みなさんお久しぶりです

 

ごめんなさい!サボってました!

 

5/21~6/1までおよそ1週間、私がどこで何をし、何を考えていたのか、簡単にまとめます

 

5/21
チェンマイ旧市街観光

 

5/22
同室の人たちとランチ、夜は宿のオーナーに連れられてフルーツビュッフェ

 

5/23
宿のオーナーが主催していたボランティアに1日だけ参加

 

5/24
朝から14時間バスに揺られバンコクへ戻る

 

5/25~5/30
カンボジア タサエン村へ地雷除去をしている高山さんのもとへ

 

5/31
カンボジアの首都プノンペン
高山さんに小市さんを紹介してもらう

 

と、まぁこんな感じでございます笑

 

ブログをサボっていた言い訳をさせてもらうと一つは「面倒くさくなったから」もう一つは「考えがまとまらなくなったから」です

 

面倒くさくなって書かないのはダメですね、反省(´-ω-`)


この期間で特に印象深かったことをピックアップして今日、明日でまとめますね!

 

今日はタイでボランティアに参加したことを!

 

きっかけはほんとに偶然で、チェンマイで滞在していたゲストハウスのオーナーMr.Udomがゲストハウスやらリゾートやらのビジネスの他にボランティア活動の運営もしていると知りました

 

そしてたまたま次の日から1週間、シンガポールの学生を受け入れてボランティアを行うというので、私も参加させていただけることになりました

 

そのボランティアというのは、タイとミャンマーの国境近くに住んでいるLahu族という民族の開発支援かつ、シンガポール学生達が民族と交流が出来るというものです

 

と、私は思ってるんですが、、、

 

その後詳細をMr.Udomに聞いても返信が返ってこないのです

 

まぁ、とりあえず参加させてもらえるなら参加しよう!というノリで付いていったので、、

 

 

チェンマイからバスで3時間ほどの国境近くのホテルに着くと、まずはLahu族についてお話を聞きました

 

何を聞いたかというのもまとめたいんですが、なんせ聞き取れたことが少なかったのでまたいつか知識を補充しつつまとめたいと思います

 

その後お昼ご飯を食べてボランティアに向かいます

 

f:id:FuRisk46:20170602114639j:image

ガタガタの道をトラックから落ちそうになりながら進み、山道の途中で停車

 

f:id:FuRisk46:20170602114705j:image

浄水ポンプの水路設置に使うセメント作りを生徒にまざってします

 

f:id:FuRisk46:20170602114842j:image

 

 f:id:FuRisk46:20170602114929j:image

 

とにかく暑くて重労働でした、、

 

3時間ほどの作業の後、ホテルに戻って夕食を食べてすぐ寝ました

 

まーやった事だけを見てたらただ重労働させられただけみたいなボランティア活動でしたが、感じたこと考えこともあるので成果アリです

 

 

少数民族への開発支援って私は彼らの伝統を壊すことに繋がりそうで良いことなのかどうか分からなかったんですが、Mr.Udomがこれまでしてきた支援は道路を作ったり浄水器を設置したりといった支援でした

 

こういった支援は変に森を切り拓いたりするのではなくて、彼らの生活の質を上げる為のもので、その後は彼ら次第ということです

 

例えば道路を作って山から街へ出やすくなり、街のことを知る機会が増えて街に移住したとしてもそれは彼らの選択です

 

実際にMr.Udomに開発支援をお願いしたのも民族の内の1人の方が始まりでした

 

選択肢を増やすために支援を行う

 

 

ちょっと考えれば当たり前のことですが、それに自然と納得出来たのが今回のボランティアの成果です

 

 

 

と、なかなか簡潔にまとめたと思うんですが、実はもやもやしたものが残っていて、もやもやしてるから上手く言えないんですけど、ボランティアとかNPOとかをビジネスの為に行う人もいると聞いたことがあって、Mr.Udomももしかしたらビジネスのためにボランティア活動しているのか?とか考えたり

 

何か分からないけどこのボランティア活動のどこかに偏りがあるような気がしてすっきりしないんですよね

 

何がっていうのが分からない、、

 

 

まぁ今考えても仕方ないってことで保留にしときます!

 

次の記事ではカンボジア タサエンで地雷除去をしている高山さんと1週間過ごしてみて感じたことを書きます!

 

読んでくださりありがとうございました!

〜風邪をひきました〜

5/19.20

 

今日は2日まとめて!

 

19日スコータイからチェンマイバスに乗って移動しました

 

のはずなんだけどあんまり覚えてない、、

 

二日前のことなのに、遠い昔のように感じます笑

 

5時間くらい、、?バスに揺られてチェンマイのバスターミナルに夕方着きました

 

ターミナルでバンコク行きの夜行バスの予約をした後、宿へ向かいます

 

宿に到着!その日はそのまま就寝


そして次の日

 

この日は風邪が酷くなっているのもあって、1日何もしない日と決めました

 

それでもご飯は自分で用意しなくちゃいけないので、昼に宿から自転車を借りて近くのコンビニへ

 

本当にセブンイレブンはどこにでもあって助かります笑

 

お水とその他パンを買って店を出ると、すぐそこで焼き鳥の屋台が!

 

せっかくなので買いました

f:id:FuRisk46:20170521215223j:image

1本5バーツ(約15円)

 

そして、帰る途中、屋台で昼食を食べることに!

f:id:FuRisk46:20170521215552j:image

前にダナンと食べたのと同じもので、何だかんだでよく食べてる気がする笑

 

焼き鳥も一緒に食べました

 

日本のものと同じ味だ〜、美味しい♪

 

そして、屋台のおばちゃんの旦那さんにある飲み物を勧められました

f:id:FuRisk46:20170521215717j:image

これを氷と水で薄めて飲むらしいです

お酒じゃないよね?と確認して、飲みます

 

ん、甘いただただ甘い


かき氷のシロップみたいな味がする

というか、たぶんかき氷のシロップだな笑

 

適当に美味しいと言っておきました笑

 

 

それから宿に帰り、ずっと寝てました

 

 

そしたら同室の人とか宿の人達がむっちゃ心配してくれて

 

晩御飯つくって枕元に置いてくれたり、水や濡れタオルを用意してくれたりしました

 

ほんと、人に頼りっぱなしの旅です

 

何故かネイティブの英語圏の人とは緊張して英語話せなくなるんですが、
そもそも喉を痛めてて声が出なかった

 

カスカスのYesかNoだけで会話

 

色々と良くして頂いて、翌日にはすっかり元気になりました!!

 

そしてその日はチェンマイの街を歩いたのですが、それは次の記事で!

 

今日も読んでくださりありがとうございました!

〜スコータイ遺跡、ナイトマーケット〜

4/18

 

目が覚めると喉が痛い

 

風邪酷くなってる、、

 

 

寝てたいけどせっかくスコータイに来たのだから観光しなくては!

 

旧市街へ遺跡を見に向かいます

 

 

 

宿を出ると朝市が広がっていました

 

どれも野菜や果物で衛生面が不安なので買わずに通り過ぎます

 

にしても臭いがすごい、、


フィリピンのカルボンマーケット同じ臭いがしたけど、生ものの臭いなのかな

 


大通りに出るとセブンイレブンがありました


どこにでもあるセブンイレブン、ほんと有難い!


朝ごはんを買って食べます


写真撮り忘れましたが、ホットドッグ
日本のものと変わらない、、!

 

 

 

そして旧市街へのバスを待ちます

 

 

てか、コンビニからずっと変なおじいさんが着いてくるんだけど

 

私に向かって「カオ、カオ」と言いながら何か食べる動作をしています

 

物乞い?パンが欲しいのかな、、

 

食べかけのホットドッグを差し出しますがどうやら違うよう

 

なんか分からないけどお願いしてくる

 

一緒にご飯食べに行こうと誘ってるようです

 

でもこのおじいさん不気味で怖い

 

無視しても手を叩いたり声をあげたりして私に構ってきます

 

ずっと無視しているとどこかへ行きました

 

 

そしてバスが来たのですが何故か無視されました

 

なんでだ、、、!!

 

もう少し待つと次のバスが、、


停まってくれました

 

old city?と聞くと後ろの方をさしてnoと言います

 

道が反対のようでした

 

でもそれだけじゃ分からなくて、近くのトゥクトゥクのおじさんに聞いてやっと理解し、反対側の道のバス停

 

 

バスが来ました

 

old city?と聞くと乗れというような仕草をされたのでバスに乗車

 

でも進まない

 

また少しすると後ろから他のバスが


乗り換えるように指示されたので乗り換えます

 

なんの意味があったのかなぁ

 

何はともあれバスが動き出しました

 

 

そして途中

f:id:FuRisk46:20170519205246j:image 

また道路が浸水しています

 

 

 

遺跡へ着きました

 

f:id:FuRisk46:20170519205309j:image

 

浸水してる、、、

 

おばちゃんたちが魚を捕まえてました

 

私はむっちゃ笑いながら入場

 

こんなことある?

 

サンダルで来て良かったなぁ

 

スコータイ遺跡にはもともとたくさんの池があるようですが、どこが元あった池で、どれが水たまりなのか分からない

 

いくつか遺跡を周ります

 

f:id:FuRisk46:20170519205335j:image

f:id:FuRisk46:20170519205341j:image

 

成立時期が遅いのもあってアユタヤ遺跡と比べるとまだしっかりと遺跡が残っています

 

レンガもスコータイ遺跡の方が細かい

 

 f:id:FuRisk46:20170519205500j:image

 

昔の王宮に想像を巡らすのが楽しいです

 

現在でもこれだけ浸水するのだから昔はもっと酷かったんだろうなぁ

 

建物と建物の間をボートで行き来することもあったかもしれない

 

とかなんとか、妄想しながらある程度遺跡を見て回りました

 

休憩を挟みつつですが、しんどい

 

早く帰って寝よう

 

 

 

その前に博物館

 

普段は入館料150バーツなはずですが今日は国際博物館day?らしくて無料で入れました

 

ラッキー♪

 

説明はタイ語と英語表記

 

f:id:FuRisk46:20170519205529j:image

真面目に読みますが半分も理解出来てない笑

 

仏像がたくさんあるフロアに来ました

 

よく分からないけどスコータイの仏像はみんな頭にとんがった何かを乗せていらっしゃいます

 

flagて書いてたけどそのままと訳していいんだろうか

 

博物館を後にし、宿に帰りました

 

 

 

夕方まで寝て過ごし

 

夜ご飯を調達しに近くのナイトマーケット

 

とはいっても夜に街をうろつくのは怖いのでまだ明るいうちに!

 

f:id:FuRisk46:20170519205623j:image

 

f:id:FuRisk46:20170519205636j:image

 

既にたくさんの店が出ていました

こんなものも、、

 

f:id:FuRisk46:20170519205713j:image
。食べる勇気はありません

 

あとはドリアンなんかもたくさん売っていて、食べてみたいんですが、、

 

1人で「くさっ!」とか言ってても悲しくなるだけな気がしてやめました

 

目に留まったものをいくつか買って宿でいただきます

 

f:id:FuRisk46:20170519205739j:image

これとあと水を買って全部で47バーツ(144円)!

 

f:id:FuRisk46:20170519205753j:image

ウインナーみたいなもの

 

始めは美味しいと思ったんですが、独特のあの市場の臭いが残ります

 

まぁ、食べれます

 

野菜も同じ臭いが、、

 

唐揚げ!

 

これは美味しい♪

 

f:id:FuRisk46:20170519205810j:image

 

そしてデザートにイチゴジャムのクレープです

 

生地が固いしジャムが甘ったるい、、

 

まぁまぁ、食べられるので良し!

 

明日はスコータイからチェンマイへ!


チェンマイにも屋台たくさんあるかなぁ、

 

今日も読んでくださりありがとうございました!

 

〜バンコクからスコータイまで7時間のバス移動〜

5/17

 

 

今日は7時間かけてバンコクからスコータイまでバスで移動します

 

宿を出るとすごい

 

まずはモーチットバスターミナルまでのバスへ行くためバス停へ向かうのですが、どこか分からない

 

そして大粒の雨

 

傘をさしても意味がなく、数秒でびしょびしょです

 

バス停の位置を聞こうと近くの人に声をかけますが、バスターミナルまでタクシーで行きなよと言われます

 

そこでタイミングよくタクシーが停車

 

もう雨でうんざりしていたのでタクシーで行くことに

 

運転手に聞くとモーチットまでは高速に乗るため300バーツで定価で、このタクシーにはメーターはないそうです

 

バンコクからスコータイまでのバスが7時間もかかって食事付きで310バーツなのに、30分ほどのタクシーでどうして300バーツもするのか、、、

 

高すぎるよ!と私が言うと運転手は呆れて私の荷物をタクシーから下ろそうとします

 

この雨の中を歩くのはもう嫌だし、諦めて300バーツでタクシーに乗ることにしました

 

タクシーの中でイライラする私。

 

この旅で初めてイライラした瞬間かも知れません

 

タクシーの運転手に怒っているわけではなく、天気にです

 

なんで東南アジアの雨ってこんなにクレイジーなの!?

 

むすっとしているといつの間にモーチットに着いていました

 

バスの時間までは1時間半ほどあります

 

ターミナル内にあったコンビニで朝ごはんとバスで食べるお菓子を買いました

 

朝ごはんはこれ

f:id:FuRisk46:20170518184830j:image

 

か、辛い、、、

 

辛いの食べられないことはないけど、今日は少し風邪をひいていて喉が痛い

 

そこに辛いものを食べると喉がヒリヒリ痛む

 


うぅ、なんか今日ついてない、、


適当に時間を潰し、バスに乗り込みます

 

周りはみんなタイ人で外国人はどうやら私だけの様子

 

バス内ではブログを書いたり、寝たりして過ごします

 

3時間ほど経過した所で昼食休憩になりました

 

バスから降りて、チケットと引き換えにご飯が貰えます

 

f:id:FuRisk46:20170518184937j:image

 

あ、、、また辛い、、、

 

辛く無さそうなやつを選んだんですが、むっちゃ辛かった

 

バスに戻ります

 

いつの間にか寝ていて、目が覚めると周りが騒がしい

 

外を見ると道路が浸水してました

f:id:FuRisk46:20170518185015j:image

 

やっぱクレイジーな雨だ

 

社会の教科書などでも見た事のある、高床式の家がいくつか見えたので、雨水が溢れるのも良くあるのかと思いましたが、タイ人が騒いでいるということは、珍しいのかな、、

 

おじさんがタイ語で私に世間話をしてきます

 

でも私は分からないので苦笑い

 

そのままぼーっと外を眺めているとスコータイに着きました

 

明後日のチェンマイまでのバスの予約をし、案内の人に導かれるまま小さなバスでパンを食べていると、小さな女の子とそのお母さんが近づいてきました

 

そして女の子が私の食べかけのパンを手に取ります

 

お母さんすごく怒ってたけど、私がジェスチャーであげるよと伝えると、女の子が丁寧に手を合わせてお礼をしてくれました

 

美味しそうにパンを食べます

 

かわいい、、、

 

どうやらその女の子のお父さんがバスの運転手だったようです

 

5分ほどで宿に到着

 

この日はすぐシャワーを浴び、少し勉強してから寝ました

 

明日はスコータイ遺跡へ!


天気が心配だ、、

 

 

今日も読んでくださりありがとうございました!